読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会い系サイトで男を渡り歩く女たち

産婦人科で仕事をしていると、たくさんの社会的な問題を抱えた妊婦がやってくる。今日は、男性を渡り歩く妊婦について。

初めて外来に来たときはすでに妊娠20週以上。今までどこの産婦人科にもかかっていない。上に子どもが数人いるが父親は全部別。パートナーという男性と来たが、今お腹の中にいる赤ちゃんの父親もまた違う男性。

そもそもパートナーと言っても、知り合って数ヶ月。子どもたちを連れてパートナーの家に転がり込む。その家族も一緒に住んでいるが、特に交流を深めている様子もなく、ただ同居しているだけ。いきなり転がり込んできた子持ちの女性、しかもどこの男性の子を身ごもっているのかわからない妊婦をどう思っているのかさえわからない。
彼女のような相手を変え、住居不定のまま生きている女性はセックスが好きなのか?貞操がない?
違う。

男性を渡り歩き、寄生するかのように生活するのは、彼女なりのサバイバル。そういったケースでは、親を含めた家族の姿が一切見当たらない。虐待があって家を出たのか、ただ放任なのか、何もわからないし女性の方でも実家を頼らない。連絡さえとっているのかわからない。一般的には、人として、全くほめられた生き方ではないだろうと思う。

では、彼女はどうするべきだったのだろうか。福祉に頼れ、仕事を探し、働いて住居をかまえ、子育てをするべき、というのは「正論」。
なんのスキルも資格もなく、情報を得る術を知らず、妊娠に関する知識もなかったら?妊娠しても中絶するお金もなく、相手は連絡が取れなかったら?LINEをやりとりするくらいの「友達」はいても、本当に頼れる人が誰もいなかったら?
ホームレスになる、ネットカフェで生活する、あるいは死ぬ?
きちんと考えたかどうかは知らない。それができるなら今の状況には陥っていないだろう。男性を渡り歩くのは、それを回避するための彼女なりの方法なのだろう。
そして、出会い系サイトやLINEは恋をしたいんじゃない。そんなところに白馬の王子様がいないことなんて知ってる。そこにカモがいると知っているからネットに接続するだけ。

「女性は女であるというだけで股を開けば生きていけるんだからイージー」というような意見を見ることがある。たしかに、逆パターンはあまり聞かないので、男性で同じような境遇の人と比較するとそうなのかもしれない。
でも、イージーか?自分で自活する能力ある方がよくね?

まぁ、産婦人科医にできることは分娩前から自治体の担当と児童相談所に連絡することくらいしかないんだけど。

あと、何回かツイートもしてるけど、予想外の妊娠をして、どこにも誰にも相談できない人が下記のサイトにすぐたどりつけますように。

予期せぬ妊娠、妊娠を望んでいないのにできちゃった、中高生の妊娠…相談できる場所を調べてみた - うさうさメモ (id:usausa1975 / @usausa1975) http://d.hatena.ne.jp/usausa1975/20130819/p1

これも何回かツイートしてるけど、西原理恵子さんの「男も女も一生稼ごう〜自由であるために」
これも、個人的大絶賛記事ですね。